辛い恥ずかしい過去を忘れたいのも素敵なあなた!トラウマ克服しなくて大丈夫!

辛い恥ずかしい過去を忘れたいのも素敵なあなた!トラウマ克服しなくて大丈夫!

辛い過去も、必ず僕たちの為になっているからこそ
それを受け入れる事で、僕たちの現在も未来も輝きます

 

どうも、あなたの365日を夏休みにする
探検家タガメのリョウです

 

・「辛い過去を思い出すのが嫌だ」
・「どうして自分だけ、過去に捉われているのか」
・「トラウマがあってやりたい事ができない」

 

あなたは今、このように悩んでいませんか?

 

でも実は、そういうあなたもあなた自身で素敵だと、僕は感じます

 

辛い過去があるかこそ、現在も未来も輝く
その一例として、「探検がタガメのリョウの辛い過去」・「バツ2じゃなくてマル2よおばさん」をお伝えします

 

ちょっとでも、あなたが前を向いてくれたら嬉しいです

 

探検家タガメのリョウの辛い恥ずかしい過去

僕は、中学でバスケットボール部に入っていて

 

とある練習試合の時、練習通りにプレーできずに監督から怒られ
次のように支持されました

 

「お前が着ているユニフォームを今すぐ脱いで、後輩の○○に渡せ」

 

そうして僕は、試合中にみんなの前で自分のユニフォームを失くして、急いで着替えに戻るという
屈辱・恥ずかしい経験をしました

 

これがトラウマとなって、その時は本当に辛くて
部活にも行きたくないと思っていました

 

でも、最後の試合を終えて引退する時、その監督はこう伝えてくれて

 

「お前をこのチームで一番、期待してたよ」
「だから一番、厳しくしていた」
「まだまだお前の力はこんなもんじゃないと思ってる、これからも頑張ってくれ」

 

誰よりも僕を観ていたからこそ、監督はあの時、あのように指示していたのだと

 

僕ならもっとバスケできるからこそ、厳しく指導して下さったのだと

 

そう思ったら感動して、辛い事・恥ずかしい事が、感謝の気持ちに変わりました

 

辛い事も、そうして受け入れる事で、感謝の気持ちになったりする
そうしてまた、前を向いて、1歩1歩進めば大丈夫

 

こういった辛い過去があるからこそ、今の僕がいる
そして、現在と未来を楽しむ僕もいる

 

僕はそのように感じるからこそ、人生がちょっとずつ楽しくなりました

 

まさかまさかの「マル2おばさん」の発言

過去にたまたまテレビを観ていた時でした

 

その番組では、とあるおばさんがインタビューを受けいていて
何やら、そのおばさんは「バツ2」、つまり離婚を2回経験しているとの事・・・

 

そうして、

「離婚を2回していて、辛くないですか?」

とインタビューを受けていました

 

そうしたら、そのおばさん、何て答えたと思いますか??

 

「なんで私がバツ2なのよ!」
「離婚を2回経験して、今、私は幸せなのよ??」
「だから、バツ2じゃなくて、マル2でしょうよ!!!」

 

と、堂々と答えていたんですね(笑)

 

このマル2おばさん(←僕が勝手にそう呼んでます)もまた、離婚という辛い過去があっても
それを経験したからこそ、自分らしく生きる今がある

 

だから、普通は離婚2回はバツ2と言われてるけど、そのおばさんにとってはマル2という
素敵な事をお伝えしていました

 

マル2おばさんも、素敵な人なんだなと
今になって感じられるようになりました

 

辛い過去・トラウマをちょっとずつ受け入れればあなたの人生が輝く

ここまで、辛い過去やトラウマを受け入れて
人生が変わって行った、僕とマル2おばさんの一例をお伝えしました

 

でも僕はあなたに、

「今すぐ辛い過去やトラウマを全て受け入れましょう!」

とは絶対に言いません

 

辛い過去・トラウマって、最初は受け入れがたいモノです
だから、無理してあなた自身を追い込む事は良くないと思います

 

だからこそ、ちょっとずつ、ちょっとずつ
それで本当に大丈夫なので、それが本当に素敵で素晴らしいので

 

ほんのちょっとずつ、あなの辛い過去・トラウマを受け入れてみる
それを継続していってほしいです

 

参考までに、この記事でお伝えした事を、以下の動画でもまとめてお伝えしています
ちょっとでもあなたの為になれたら、僕は凄く嬉しいです


それでは、ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

 

→あなたが辛い過去を受け入れて大好きでやってみたい事へ挑戦して毎日夏休み生活を送る方法はコチラ

 

365日が夏休みの生活をあなたへ

 

探検家タガメのリョウより