絶対時間でアドセンス審査に通るブログの作り方&大切なポイント7つ!

どうも、探検家のリョウです!

 

今回は、

まるでクラピカが使う絶対時間!
アドセンス審査に通るためのブログの作り方として、特に大切な7つのポイント!

をお伝えします

 

大前提として、アドセンス審査に通るためには、独自ドメインを取得してワードプレスでブログを書く必要があります
無料ブログは絶対オススメできません

 

無料ブログが絶対ダメな理由はコチラ

アドセンスを始めるあなたへ!ブログは無料・有料どっちがおすすめ?

 

そして、いざアドセンスに申請してみても、審査に通らない場合があります
その時は、落ちてしまう理由が必ずあります

 

そこで今回は、僕なりにアドセンス審査に通るブログ作りで、特に大切なポイントをお伝えします

 

・禁止コンテンツに注意する
・リンクは一切貼らない
・プロフィールを作る
・画像を使う
・サイトマップなどを入れる
・1記事1000文字を20記事書く
・読者のためにブログを書く

 

この7つのポイントを実践することで、審査に通るブログに成長していきます

 

まさに、漫画「HUNTER×HUNTER」のクラピカが使う「絶対時間」のように!
これらのことを100%の力で実践してください!
そうすれば、あなたのブログはアドセンス審査に通ります!

 

それでは、1つ1つ順番にお伝えしていきますので
あなたも絶対時間を使って審査に通ってください!

 

禁止コンテンツに注意する

アドセンスをやっていく上で、禁止コンテンツに注意する必要があります
これを守らないと、最悪アカウント自体が停止になる時もあります

 

禁止コンテンツに違反しないために、以下の内容の記事を書かないようにしましょう

 

・アダルトコンテンツ
・危険または中傷的なコンテンツ
・危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ
・アルコールに関連するコンテンツ
・タバコに関連するコンテンツ
・ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ
・ヘルスケアに関連するコンテンツ
・ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ
・報酬プログラムを提供するページ
・不適切な表示に関連するコンテンツ
・衝撃的なコンテンツ
・武器および兵器に関連するコンテンツ
・不正行為を助長するコンテンツ
・違法なコンテンツ

 

この情報は、Googleが実際に公表してるものを引用しました
より詳細が知りたければ、以下のリンクへどうぞ
→アドセンスの禁止コンテンツの詳細はコチラ←

 

こういったジャンルのブログは、Googleが評価しないのは明らかなので
絶対にやめましょう

 

リンクは一切貼らない

審査に通るまでは、他のサイトへのリンクやアフィリエイトリンクは貼らないようにしましょう

 

SNSなどへリンクさせて、ブログを読んでもらいたい気持ちは分かりますが
それが審査に影響するかもしれないので、やめましょう

 

プロフィールを作る

プロフィールを作らないと、あなたがどういう人かが分かりません
ですので、「この人ってどんな人なんだろう?」ということになってしまいます

 

でも、そこまで深いプロフィールじゃなくて大丈夫です
簡単な内容で大丈夫なので、プロフィールを作りましょう

 

画像を使う

画像を使った記事にする方が、読者にとって記事のイメージが伝わりやすくなります
そして、記事の内容が分かりやすくもなります

 

ただし、著作権には要注意です
ですので、あなた自身が撮った画像や、著作権フリーの画像を使うようにしましょう

 

サイトマップなどを入れる

サイトマップ・お問い合わせ・プライバシーポリシーを載せると、審査に通りやすい傾向にあります

 

これら3つをブログに載せるだけで審査に通るわけではなく、他にも大切なポイントがありますが
この3つを載せることは読者のためでもあるので、しっかり載せましょう

 

1記事1000文字を20記事書く

アドセンス審査に通るブログにするには、1記事1000文字の記事を20記事を目安に書いていきましょう

 

とはいっても、実際は40記事書いても審査に通らなかったり
という人もいます

 

これは、一体どういうことなのか?
僕の憶測ですが、Googleが求めていることに注目すると分かります

 

Googleが求めているのは、質の良いブログです
それはつまり、読者の役に立つブログです

 

このことは、Googleが明確に公表しているわけではありませんが
今後益々そうなっていきます
アドセンス審査に通るためにも、本当に大切なことです

 

ですので、読者のためにブログを書いていけば、1000文字くらいにはなります
しっかりとした情報を書くことで、そのくらいの文字数になるということです

 

そして、それを20記事ほど書いて申請すれば、審査に通るというのが僕の考えです
最低でも20記事は必要なので、読者のために頑張って20記事書きましょう

 

読者のためにブログを書く

これが、本当に肝心な部分です

 

禁止コンテンツも記事にしていない
リンクも貼っていない
プロフィールもある
画像も使っている
サイトマップなどもある
1記事1000文字を20記事書いている

 

それでも、審査に通らない場合は、記事の内容が薄い可能性が高いです

 

せっかく1000文字以上の記事を書いても
それが読者のためにならないと、Googleは評価してくれないんです

 

僕は、これこそが多くの人が勘違いしている部分だと思います

 

例えば、日記ブログを書くとして、次の2パターンでどっちが読者のためになるでしょうか?

 

A

今日は○○というラーメン屋へ行って、店長イチオシの特製ラーメンを食べてきました!
とても美味しかったです!
といった、事実だけを書いた記事

 

B

今日は○○というラーメン屋へ行って、店長イチオシの特製ラーメンを食べてきました!
これには、意外にも✖✖という素材がスープの決め手になっていて
あっさりして女性でも食べやすい至極のラーメンです!
カップルで行っても、一緒に楽しめるのではないでしょうか??
といった、読者のために自分の感想を書いた記事

 

間違いなく、Bの記事の方が読んでいて読者のためになりますよね?

 

このように、自分なりに読者に伝えられる記事をGoogleは求めています

 

ザックリと書きましたが、しっかりと読者にメリットあることを伝えられれば
それだけ審査に通るブログ記事になります

 

ただただ闇雲に1000文字書いても、意味はないので注意しましょう

 

まとめ

今回は、

まるでクラピカが使う絶対時間!
アドセンス審査に通るためのブログの作り方として、特に大切な7つのポイント!

というお話でした

 

この7つのポイントとは、クラピカが使う絶対時間のように!
全て100%の力で実践すれば、あなたのブログがアドセンス審査に通るようになります!

 

ここでお伝えすることは、どれも大切なことですが
僕は特に、読者のために記事を書くことが大切だと感じます

 

そもそも、アドセンスブログをやっていって
それで稼ぐのならば
ちゃんと読者のためにブログを書く必要があるからです

 

ですので、ただ文字数が多い記事とか
中身がすっからかんの記事だと、そもそもアクセスされません

 

Googleは、読者のためのブログを求めています

 

このことを意識してブログを書いて、アドセンス審査に通りましょう!!!

 

※最後に注意点として、アドセンス審査に落ちてすぐにまた申請するのはやめましょう
機械的にまた落ちる可能性が高いです
ですので、また申請するときは2週間ほど間を空けて申請してください

 

以上、ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

 

ここでお伝えしたことがあなたの役に立つと、僕は嬉しいです!

 

それではまた!

 

探検家のリョウより